環境コミュニケーションin会津工業高校(平成23年)

 

環境コミュニケーションin会津工業高校 ~高校生のための化学物質リスクコミュニケーション~

 高校生の方に、化学物質の環境リスクやその低減に向けた社会構造、事業者や行政の役割と取組みに対する理解の促進を図るとともに、事業者の方に、学生に対する効果的なコミュニケーション方法の把握をしていただくため、ことを目的に、事例発表・交流会を開催しました。

 

23会津工業1

 

23会津工業2

 

1 主催

  福島県環境センター(事務担当:企画管理課)

  福島県環境センターと、社団法人環境情報科学センター(CEIS)の連携事業であり、福島県立会津工業高等学校との協働により実施しました。

 

2 日時・場所

  平成23年12月5日(月曜日) 12:40~14:20

  於:福島県立会津工業高等学校 視聴覚室

 

3 講師

  化学物質アドバイザー(福島県環境アドバイザー) 河合直樹氏

  荒川産業株式会社 喜多方事業部 課長 荒川健吉氏

  日東紡績株式会社 福島工場 施設課長 渡邊邦雄氏

 

4 受講生徒

  福島県立会津工業高等学校 セラミック化学科3年生 40名

 

5 内容

  基調講演

  ・化学物質の危険・有害性

  ・化学物質のリスクの考え方、簡単なリスクの見積方法

  事例発表

  ・荒川産業株式会社(リサイクル・環境教育の取組事例・リサイクルに関する展示)

  ・日東紡績株式会社福島工場(リスクコミュニケーションの取組事例)

  意見交換 

  ・基調講演・事例発表に係る質疑応答

  ・社会に出て求められる資格、能力など

  ・高校生に期待すること