環境コミュニケーションin桜の聖母学院(平成24年)

 

環境コミュニケーションin桜の聖母学院 ~高校生・中学生のための化学物質リスクコミュニケーション~

高校生・中学生の方に、化学物質の環境リスクやその低減に向けた社会構造、事業者や行政の役割と取組に対する理解の促進を図るとともに、事業者の方に、学生に対する効果的なコミュニケーション方法の把握をしていただくため、桜の聖母学院のアースデイイベントで、高校生・中学生のための化学物質リスクコミュニケーションを開催しました。

 

24桜の聖母2

 二酸化炭素濃度の計測

 

24桜の聖母1

 リスコミ活動の事例発表

 

1 主催

  福島県環境センター(事務担当:企画管理課)

  福島県環境センターと、社団法人環境情報科学センター(CEIS)の連携事業であり、桜の聖母学院高等学校・中学校との協働により実施しました。

 

2 日時・場所

  平成24年4月21日(土曜日) 8:50~12:00

  於:桜の聖母学院 講堂

 

3 講師

  化学物質アドバイザー(福島県環境アドバイザー) 河合直樹氏

  日東紡株式会社 富久山事業センター施設課長 渡邊邦雄氏

 

4 受講生徒

  桜の聖母学院高等学校・中学校 全学年生徒

 

5 内容

  基調講演 「化学物質とどのように付き合うか」

  事例発表 「日東紡績株式会社福島工場、富久山事業センターのリスクコミュニケーション活動」