センターについて

環境創造センターについて

平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震とそれに続く大津波によって、東京電力株式会社福島第一原子力発電所(大熊町、双葉町)1~4号機は全交流電源を喪失し、1~3号機の原子炉は大きく損傷しました。また、1、3及び4号機は水素爆発により、原子炉建屋上部が損壊し、発電所から放出された大量の放射性物質により県土が汚染されました。
原子力災害により甚大な被害を受けた福島県では、県民の皆さまが将来にわたり安心して生活できる環境の回復・創造に向け、モニタリング、調査研究、情報収集・発信、教育・研修・交流を行うための総合的な拠点として、平成28年に「福島県環境創造センター」を整備しました。

「本館」、「研究棟」、「交流棟(コミュタン福島)」の3つの棟、および4つの関連施設からなる「福島県環境創造センター」を拠点として、県民の皆さまがより安心して快適に暮らせる“ふくしま”にするための取り組みを進めています。

環境創造センターの4つの機能

  • モニタリング

    空間線量や放射性物質のきめ細やかで継続的なモニタリングを行うとともに、緊急時におけるモニタリング体制を整え、緊急時の対応にあたります。

  • 調査・研究

    放射線計測、除染・廃棄物、環境動態、環境創造について調査研究を優先度に応じて計画的・体系的に進め、適時・的確にその成果を活用していきます。

  • 情報収集・発信

    関係情報を収集整理し、県民の皆さまが分かりやすい形で利用できるような情報発信体制の整備を進めるとともに、世界が注目する知見や経験を国際的に共有するための積極的な情報収集・発信を行います。

  • 教育・研修・交流

    福島県の環境の現状や放射線に関する正確な情報を伝え、本県の未来を創造する力を育むための教育・研修・交流に取り組みます。また、大学等と連携した長期にわたる人材育成に貢献します。

組織について

沿革

平成24年1月
環境創造戦略拠点基本構想検討委員会設置
10月
福島県環境創造センター基本構想公表
12月
環境創造センター設置準備検討委員会設置
平成25年2月
基本設計・実施設計業務委託
10月
本館及び南相馬市施設の概要公表
平成26年1月
研究棟及び交流棟の概要公表
5月
環境創造センター起工式
環境創造センター運営戦略会議設置
12月
環境創造センター県民委員会設置
平成27年2月
環境創造センター中長期取組方針」策定【フェーズ1】
3月
交流棟愛称「コミュタン福島」公表
4月
環境創造センターにおける連携協力の基本協定締結
8月
本館竣工、引渡し
9月
南相馬施設竣工、引渡し
10月
本館・環境放射線センター業務開始、本館開所式
11月
環境放射線センター開所式
平成28年3月
研究棟・交流棟竣工、引渡し
4月
研究棟入居式
研究棟 日本原子力研究開発機構福島環境安全センター業務開始
猪苗代水環境センター開所式野生生物共生センター開所式
6月
研究棟 国立環境研究所福島支部業務開始
7月
環境創造センターグランドオープン記念式典
環境創造センターグランドオープン記念イベント
国立科学博物館との連携・協力に関する包括協定締結
平成29年4月
第1回環境創造センター研究成果報告会開催
7月
環境創造センター開所1周年記念イベント開催
8月
コミュタン福島来館者数10万人達成
平成30年3月
第1回環境創造シンポジウム開催
7月
環境創造センター開所2周年記念イベント開催
9月
コミュタン福島来館者数20万人達成
11月
三笠宮寛仁親王妃信子殿下センター御視察
12月
第2回環境創造シンポジウム開催
平成31年1月
復興大臣センター視察
2月
「環境創造センター中長期取組方針」改定【フェーズ2】
令和元年7月
環境創造センター開所3周年記念イベント開催
9月
コミュタン福島来館者数30万人達成
令和2年2月
第3回環境創造シンポジウム開催

環境創造センター組織図

 

 ※着色されているところをクリックするとその組織等のページにジャンプします。

 

取組方針・会議

環境創造センター中長期取組方針
 環境創造センターにおいて、福島県、JAEA、NIESの三者が連携・協力して、中長期にわたり取り組む基本的な事業方針を定めています。
環境創造センター運営戦略会議
 環境創造センター中長期取組方針の策定等のため、学識経験者等で構成する運営戦略会議を設置しています。
環境創造センター県民委員会
 環境創造センターが取り組む事業について県民のニーズを反映させるため、県内各種団体の代表や学識経験者等で構成する県民委員会を設置しています。

 

環境創造センターパンフレット